好きなものはスキ

好きな音楽とかライブとか遠征とか旅行したこととか色々

KOBUKURO 20th ANNIVERSARY LIVE

KOBUKURO 20th ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI @2018.9.16

 

 

コブクロを好きになったのは、中学1年の春。2007年の春。ちょうど蕾が出た頃かららしい。それから十数年経って、24歳になったこの夏にこの場にいれるとは思わなかったから、あの頃絶対ライブとか行けないんだろうなって思って昔の私に教えてあげたいなって思える本当に本当に最初から最後まで涙が止まらないライブでした。覚えてないけど記録用にレポ書いていきます。

 

 

 

 

 

セトリ

 


opening song

1.君という名の翼

2.Summer rain

3.太陽

4.ストリートのテーマ

5.ONE TIMES ONE

6.hana

7.未来

8.太陽のメロディー

9.遠くで・・

10.時の足音

11.tOki meki

12.SPLASH

13.虹

14.轍

15.桜

EN1.風を見つめて

EN2.晴々

 

 


始まる前恒例の何歌うかな話をしてたときに、何年か前の君翼から始まるの好きなんだよね〜って話しながら待ってたから、君翼のイントロをよっしーさんがビジョンに抜かれて弾き始めた時はもう泣けた。いやもうよく晴れた青空の下、野外で聞く君翼は本当に合うんだよなあ。最高。この時点で既にお腹いっぱい。っていうか君翼の前のオープニングソングからもうお腹いっぱいだった。20年目のありがとうとか宮崎とかなんちゃらとか(感動しすぎて歌詞覚えれんかった)歌ってて「は?!!!!こちらこそありがとうだわもうやだ泣いちゃう〜」って思った!!!ずるい!!!さっき小渕さんが歌詞あげててくれて改めて見たけどカフェで泣きそう。「道端で拾った一粒の希望に」って黒田さんのことじゃん。ほんと小渕さん黒田さん好きだよね、、、、黒田さんも小渕さんのこと好きだけど、、、

 

 

 

 


Summer rainの最初でウォーターキャノンきて、そのあと少し虹が見えて、感動して泣いてたら、黒田さんがなんかニコって歌いながら笑ってきてもう黒田さん好き、、、いっぱいすき、、、ってなった。最近黒田さん、歌いながら手を振るとか、ニコって笑うとか、なんか覚えたみたいで、それをたくさんやってくれててその度に推せる、、、いっぱいすき、、、ってなった。

 


太陽って言わせたい小渕さんのキラキラした姿みて、本当に晴れてよかったな〜って思って聞いてて、コブクロの2人が自分たちだけのコブクロ夏フェス開いてるみたいで、まだ3曲目だったのに完全に終わりを迎えた感からのストリートのテーマは、天国としか言えなかった〜。最近お気に入りのトロッコでぐるぐるして演奏しながらお客さんの様子見に来るのほんとに愛おしくてたまらなかった、、、煽りが相変わらずでそこもまたすき。

 

 

 

それからMCあって(MCはうまく伝えれないから割愛。Twitterで検索しましょう。)ゆっくり座ってみるゾーンへ。フルバンドでのONE TIMES ONEは、20年目のコブクロのお祝いのように聞こえて、2人だけのツアーの時とガラッと雰囲気が変わって聞こえました。野外ってこともあって音の迫力もあったし、これからの門出をお祝いするような感じ。改めてだけどバンメンの凄さを感じた、、、、!ひろおさんと福ちゃん来てくれて手を振ったら振り返してニコってやってくれたのなんの曲だったか忘れたけど絶対忘れないし絶対うちらのためにやってくれた、、、、、だいすき、、、

 

 

 

hanaと未来はまさか聴けると思ってなかったから(小渕さん曰くこのゾーンは10周年してからの代表曲ゾーン的な話をしてた気がする)個人的にはびっくりしたし、未来のイントロでギュンって涙出た。よっしーさんほんといい仕事する。

 


そして太陽のメロディー。2人でアレンジして歌うのが初めてって話してんだけど、宮崎の空に空気にこんなにも馴染む曲はあるのかと思うくらい聴きいってしまった。口蹄疫のこと、あんまり知らなくて、当時のこともあんまり覚えてないから、いま調べながら書いてるんだけど、想像以上の被害だったみたいで、そんなことを調べながら、小渕さんの話してた「宮崎のために作って、みんな歌ってもらえるような大切な曲」ってニュアンスの言葉を思い出してまた今更泣いてる。本当に優しい曲。そういえばだけど、少ないお小遣い貯めて宮崎のために、ってCD買いに行ったのも思い出した。小渕さんの地元を思う時の表情すごくすき。

 

 

 

優しい空気に包まれながら、一旦よっしーさんを残してみんながステージから降りて行ってビジョンに空が映ってなにが始まるのかなって思ってたら綺麗なピアノの音がして、ビジョンには遠くで・・の曲説のような文章。ただでさえよっしーさんの奏でるピアノがだいすきでそれだけでしんどいのに文章がもっとしんどくて、ずっとひたすら泣いてた。Twitterにも書いたけど、「地元でて、都会行って家族も親戚も友達もいなくて頼れる人もいなくて、でも頑張らなきゃいけない」そんな時に小渕さんはお母さん亡くしたわけじゃん。私だったらまず耐えれないしそれでもがんばれた小渕さん本当に尊敬するし、本当にその気持ちに共感できるし、だったら地元帰ればいいじゃんって思う人いるかもしれないけど、そんな簡単に帰る決意で都会に出て来てるわけじゃないから本当にその言葉で泣いた、、、、(泣いた泣いたいってるけど、嘘偽りなく今までのライブで1番泣いたわ、、、、、化粧いらんかったんじゃないかこの日、、、)

 


そこからのまさかの時の足音、、、、10年前と何1つ変わらず、ただ2人の歌が聴けることが幸せでしかなくて、10年前こんな未来が待ってるなんて思わなかったし、なんかもう尊いしか無かったです幸せとはこのこと。

 

 

 

そしてMC挟んで後半ゾーン。まさかのtOki meki。よっしーさんの可愛いダンスも見れたしOKの振りつけもやればやるほど楽しくなっちゃうよね。幸せだね。それでSPLASH!!!これ来ると思ってた!!!すぷらっしゅ!!ウォーターキャノン!!来ると思った!!B5ブロックだったんだけど結構濡れたよ!事前にビニール袋持ってこ!って思ってて正解!荷物も服もびしょ濡れ!!楽しかった!!虹出てて綺麗だなって思っててそこからの虹もすごいよかった。狙ってたんかなこの演出。素敵だったな〜〜。轍の黒田さんの煽りがだいすき。轍聴くとほんと元気でるよね。幸せだな。

 

 

 

本編最後は桜。小渕さんが「みんなで歌おう」って言ってくれたの、なんかよかったなあ、言葉にならないくらい、周りの人も、コブクロの2人も、嬉しそうで、すごく幸せでした。なんていうかこう、語彙力がなさすぎてもう泣いたと嬉しかったといっぱいすきしか言ってないけど、幸せな空間でしかなかった。宮崎の空に響く、2万5000人の桜は、これからもずっと忘れられないと思う。

 

 

 

アンコールは風を見つめてと晴々。どっちもフルは初披露だったと思うんだけど凄かったね、、、、、、この2曲は今までとこれからのコブクロを写しているような曲な気がする。風を見つめての優しい空気、晴々のお祝い感。晴々の歌詞は深すぎてまた時間ある時に別にブログ書きたいです、、、、歌詞がほんとにやばい、、、、、

 

 

 

 


コブクロ好きになったときは、一生のうちにいつかライブに行きたいなって思ってたけど(好きになりたての時はライブとかよくわかってなかった笑)こんなにはやく宮崎でコブクロのライブを見るって夢が叶って、あの頃の私に教えてあげたいなあとしみじみと思うライブでした。コブクロコブクロでいてくれてありがとう。2人でずっと歌っていてくれてありがとう。色々なこと乗り越えて歌ってくれていてありがとう。ありがとうって言わなきゃいけないのは私たちファンの方です。本当にありがとう。これからも応援させてください。だいすきです。

 

 

 

 

 

 

みいきち。

 

 

 

 

もういくつ寝ると宮崎遠征だ??

 

#わたしのコブクロ宮崎遠征準備

 

好きなフォロワーさんのあずさんがこんなタグ作ってくれたので、早めに準備しろよの自責の念を込めてブログに書いて準備をします。(ブログだけじゃなくて実際に準備しなきゃだね!目に見えてるね!ギリギリまでしないのが!)

 

 

 

その前に、台風とか地震とかでもしかしたら宮崎来れなくなっちゃった人とか大変な人とか沢山いるであろう中で、こんな話してもいいのか悩んだんだけど、来れなくなっちゃった人の分まで楽しむのが行ける人に託された使命だと思ったから、しっかり楽しむべく記録に残します。(もし私だったら行けなくなったりしたら詳しくちゃんと聴いたりしたい派なので、そういう人に伝わればいいなと思います。まだ見れる状況や気持ちになれないよって人もいると思うからそういう人は見れそうだなって思ったら続きみてください。)

 

 

 

 

 

 

 

さて。始めましょう!!!!わたしは基本的に身軽でいたいので(野外とはいえどどのレベルで座れるとかも想像つかないんだけどどんなもんなのかな🤔?)最低限+コブクロ公式の情報見て宮崎までは持っていくものを書いていきます。

 

 

 

 

 

◎帽子

はいこれ大事!絶対いる!雨でも晴れでも絶対いる!野外ライブ!個人的にはキャップかバケットハットがおすすめ。風で飛ばされないようにキツめに被るとか対策しとけば万全かも!わたしはキャップを新調したけど、黒にしてしまったので熱こもって暑いかも、、、白とか薄いグレーとかピンクとかなんかがおすすめ。

 

 

◎財布

なるべく小さめがいいかな?あと絶対身につけておいた方が良い!もし芝生にペロって置いてたら多分きっとなくなると思うから気をつけましょう、、コブクロのライブとはいえ危ない人が潜んでるかもしれないしせっかくの宮崎遠征で財布なくすのは避けたいもんね!こんなときに有効なのはサコッシュです!ぜひOTOツアーのサコッシュ使いましょう!笑

 

 

◎飲み物

芝生にはお水以外だめだよ~って聞いたこともあるからお水が無難かな?わたしは宮崎に着いた日に買って準備しておこうと思ってる!当日だとなくなっちゃいそうだし、飛行機のるから関東から用意していくのもまあ大変だと思うって感じかな。たぶん500×2本は必要だと思う!出来れば凍らせておきたいけどホテル次第かなぁ、たぶん冷蔵庫しかないと思うから普通凍らせられないかもしれないや。

 

◎化粧ポーチ日焼け止め

女子の皆さん特に日焼け止めちゃんとしっかりやりましょう!!男子の皆さんもなるべく日焼け止めやりましょう!最後の夏の思い出に焼きたいって人以外は対策を!化粧ポーチはお直し用しか持っていきません!

 

 

◎ゴミ袋

45リットルの大きいヤツとコンビニとかのちょっと大きめサイズ1つずつあれば完璧!もし友達とかと行くなら分担してもってきてもいいかも!大きい方には濡れちゃダメなやつ全部、小さい方には出したゴミ!ゴミは持ち帰りましょう!

 

 

◎レインコート

簡易的なのでもいいから持っていこうかな〜と思ってます。コブクロ公式に放水て書いてたし一応!わたしはポンチョみたいなのもっていく!かさばらないやつがおすすめ!

 

 

◎着替え

Tシャツと靴下だけでも持っていくといいかなと思う、、、荷物増えるし、、って思ってるからまだ悩んでるけど、、、って思ってたら、わたしはオフィシャルなので会場でTシャツとタオルの受け取りがあるのでそれで代用できることに気づきました。やった。会場で貰えるTシャツきて参加して着てきた服を着替えにしようかな!

 

 

◎タオル

大きめサイズが吉。グッズのやつ大きいっぽいしそれでOK。会場受け取りまでは普通にハンドタオルで過ごす予定。濡れても拭けるし絶対いる!

 

 

◎ウエットティッシュ

あれば便利かな〜!わたしは化粧ポーチの中に割と入れてることが多いです!大切!

 

 

◎充電器

これも大事!Twitterみたりインスタ見たり会場で会うお友達とお写真とったりしたらすぐなくなる!薄くて大容量なのがいいよ!なかなか探してもないけど!まだ時間あるしAmazonで買おうか検討中!

 

◎虫除けグッズ

たぶんまだ売ってると思うけど虫除けリングがオススメ!もう夏も終わりだし小さめのスプレーもっていこうか悩み中!

 

 

◎レジャーシート

1人用のとかあれば便利かな、、、?ブロック指定だから立ち見って可能性も無きにしも非ずなんだけど、コブクロのことだしちょっとは座れるかなと思ってます、、、周りの人の状況とか見て使おうね!みんな使ってないのに自分らだけ場所使っちゃったらブロック指定の周りの人に迷惑だからね!たぶんCDの特典であるくらいだから必要だと思うけどね!100均で買える小さいの買ってく!

 

 

ジップロックor袋

レインコートとかもあるし袋もあるからあれだけど一応携帯とかはジップロックに入れてたら防水なるかな?あれば便利!これも100均で携帯用とかあるからね!買うつもり!

 

 

◎ビーチサンダル

公式で放水放水って言ってるくらいだから濡れそうな場面になる前に履き替えるつもり。こちらもまだ100均であるはず!これから買い物行くけど!なかったらどうしよ!🤪

会場まではスニーカーが間違いないと思う!わたしはいつかに新潟のふぁみさんたちがお誕生日にくれたニューバランスをはいて新潟のみんなの気持ちも詰めてくつもり。新潟の仲の良いふぁみさんたちは行けない組が多いから寂しいしね。

 

 

 

で、わたしはこれらを大きめの斜めがけカバンに入れてく予定!ライブ中はサコッシュの中にお財布と携帯だけしまって身につけてコブクロの2人を見る予定。普段のライブは財布と携帯と化粧ポーチくらいで見に行くことが多いから久しぶりの野外に怯えています、、、抜けてるよ、忘れてるよ、これもいるよってあればぜひ教えてください、、荷物が重いね、、、、、、、、、、当日めんどくさくて全部放置していく可能性もあり、、、、(良くない)会場内にコインロッカー、クロークはないからどこまで持っていって邪魔にならないか悩みどころだよね、、、、、兼用できるものがあれば減らしていきたいですね、、、

 

 

みんなで気持ちよく20周年お祝い出来ますように!晴れますように!これ以上災害が起きませんように!終わっちゃうのが嫌で嫌でなかなか準備と一緒に行く友達との話し合いが終わらなかったです。(準備はまだ終わってません。)

 

 

 

みいきち

 

 

 

 

たからものツアー ファイナル

 


井上緑 たからものTOUR2018 

ファイナル@渋谷WWW  2018.8.13

 

 

 

りょっくんのワンマンみてきたお話させてねとってもよかったから☺︎!りょっくんのワンマンみるのは3回目くらいかな、他にも色々リリイベとかは行ってるけど3月ぶりのワンマン、そしてツアーファイナルにいきました。

 

 

 

 


セトリ

1.若者のバラッド

2.スーパームーン

3.酒飲み賛歌

4.月の下君に贈る歌

5.いつでも素直な歌を。

6.寄り添うように

7.「今、あなたへ。」

8.以上です

9.にんげん

10.マンゴーロック

11.売れないミュージシャンのうた

12.つぶやき

13.アイコトバ

14.ラブソング

15.先生

16.22歳

17.たからもの

18.獣道

19.行方

20.stand by me

21.前夜

EN1.大丈夫

EN2.ヨワムシのウタ

 


りょっくんがTwitterにあげてたやつ見ながら書いたからたぶん間違えてないかな~違ったらごめんね!りょっくんのTwitterに書いてあるからみてね!

 


りょっくんの歌う姿は、いつも全身全霊でどーんって心に直接語りかけてきてくれるような歌で、気づいたら泣いてしまうし、やっぱりほぼ同年代っていうのもあって(1つ上だったかな?)普段考えてるけど言葉にできないようなことだとか将来へのことだとか、なんというか共感っていったら言葉は早いのかもしれないけどそれ以上の何かがあるからライブで見るべきアーティストだと勝手に思って推してる。あんな風にありがとうって言えるりょっくんほんと素敵。

 

 

 

全部全部本当に良かったんだけど、22歳を歌うもうすぐ25歳(になるはず)のりょっくんが最高にエモい!!!!と思った。22歳のときってもっと社会人になれば大人だと思ってたし色々なことに悩んでたような気もするんだけど、それは別に今でもそんなに変わりはないような気がして、でも学生じゃないって立場になると改めて感じるのは現実をある程度知ってしまうってことだなと思うんだけど、現実を知って諦めるかそれでも夢を追うのかって、多分今くらいに1番悩むんだろうななんて思ったりもした。

 

 

 

全部よかったからひとつひとつ感想を述べていくとダラダラ長くなってしまうからやめておくけど、酒飲み賛歌は楽しかったし、月の下君に贈る歌は最強に好きだし、「今、あなたへ。」は家族や亡くなったおばあちゃんに届けたい曲だし、マンゴーロックも楽しかったし、売れないミュージシャンのうたは他の推してるアーティストのことを見ているようで泣けたしアイコトバとラブソングは好きな人思い出しちゃうし、先生歌う前の曲説すきだし、バンドメンバー紹介しながらたからものですって話して歌うたからものは別格、、、、、、前夜も本編の最後には相応しかったし、アンコールの2曲も最高に素敵でした、、、

 

 

 

本格的にりょっくんのライブ行くようになってからはまだ1年半とかしか経ってない私がどうこう言えるわけじゃないけどそれでもどんどん大きなところに向かっていくりょっくんを見ると素直に応援したくなるし、お客さん1人とか2人だった時の話とか聞くと本当に努力し続けていることに対して頭が上がらないなぁと思うし、他の推したちの希望になってほしいと本当に思ってます、、、、、

 

 

 

1/7にZeppで見れるようにクラウドファンディング、みんなよろしくお願いします!!!!もちろんわたしもやります!!!目標達成されなかったらZeppやれないみたい。それは悲しい~。キャパ2500人のライブハウスでりょっくんが歌う姿を純粋にみたいです。

https://camp-fire.jp/projects/view/90177

 

 

 

ってことで、今月も無事推し活ができました。人生最高だね。来月はコブクロの宮崎ですね20周年アニバーサリー。順調に推しに貢いでいます。幸せです。推しは生活費です。

 

 

 

また時間作ってライブ行きます!!!ライブ!!!生きる糧!!!ではまた!!!

 

 

 

 


みいきち。

WELCOME TO THE STREET2018

 

KOBUKURO 
WELCOME TO THE STREET2018 
ONE TIMES ONE


コブクロツアーレポ全公演、書こうと思ったけど、記憶力がなくてかけませんごめんなさい。ってことで、そうだな、全体的に振り返っていくか〜って思ったんだけど、20周年を目前にしたコブクロをわたしが何公演かみたただの感想です。笑

 


ライブは、静岡初日、横浜1日目、広島2日目、名古屋両日、埼玉2日目、京セラファイナルの6都市7公演見てきました。(個人的にも結構遠征した感。)

 


初日〜横浜くらいまでは、なにをどうやったら2人だけでお客さん全員に届けていけるんだろう、っていう手探り感がひしひしと感じられるくらい、こっちも緊張して見てたんだけど、だんだんいい意味で緊張感がなくなってきてて、普段の2人を見ているような気分になれるような感じ。(伝わりにくい表現だねこれ)たぶん2人もそう思ってたのかななんて思います。

 

 


日替わり曲ゾーンは本当に毎回毎回、「その日、その瞬間だけの曲たち」っていうのが詰め込まれていて、どの公演も本当に感動したし、推し曲あったし(まあコブクロだから推してない曲なんてほぼ無いに等しいけど。)すごいゾーンだったなあと、幸せすぎました。2人で曲を決めたり、練習をしたり、お客さんの声を聞いてくれたり、そんなふんわりとした空気が2人の間に流れていたことがすごく幸せだったし、普段の2人をみれた気がしてちょっとわりとセンチメンタルな気分になった。特に嬉しかったのは、静岡初日のそばにいれるならと、広島2日目のTwilight、埼玉2日目のANSWER、京セラファイナルのNOTEだな〜〜。リアルに頭抱えた。すき。ハァ。

 

 

 


あとは、しっとりゾーンっていうのかな、桜、蕾、風、ここにしか咲かない花、風見鶏を順番にやってたコーナーも毎回どれくるかなってドキドキと、わたし風見鶏と風がすごく好きなんだけど、聞けた時の嬉しさと、この5曲の曲の持つ意味や、2人の思いや、こまでの19年間のこと、20年目に向けての決意が毎回伝わってきてて泣いた。あと、京セラの桜のときのビジョンかすごく感動した、、、、、まさか京セラだけビジョン変えてくるとは思ってなかったし感動しっぱなしだった、、、、、

 

 


あとは、最後のアンコール1曲目の選曲は本当に毎回鳥肌が立ちました、、、ファイナルの夢唄は本当に本当にコブクロのライブに今まで行ってきた中で1番びっくりしたし本当に震え止まらなかったし涙止まらないし、埼玉の日替わりで歌っちゃってたから聴けないと思ってたからMCでまさかな、違うよな、って思ってたけど小渕さんが夢唄って言った瞬間本当に腰抜けるかと思った、、、、、、別に今でこそ大きい夢があるわけでもどうしても叶えたい夢があるわけでもないんだけど、なんか行き詰まった時とか、乗り越えたいものがあるときに聴いている大切な曲で、コブクロ好きになって10年以上経つけど、そのどんな大変な時でも寄り添っていてくれた曲で、わたしの中では気持ちが入りすぎてるから、まさか聴けるとは思わなかったから本当に幸せだったなあ。幸せというかあんなに聴きたいって色々な人に話してたけど実際に聴いてしまって良かったのだろうかこれからの生きていく糧にしなければと思ったな。

 

 

黒田さんのカモンッもいつもかっこよすぎるし、小渕さんは忙しいって言いながらも全部こなしちゃう器用さ見せてきちゃうし、コブクロ好きになってよかったなんて思うわけで2人だけのツアーが2人だけで始まって2人だけで終わる姿を見ることができてよかったです。

 

 

心ツアーの振り返りブログでこんなこと書いてました。「Starting Lineはコブクロを好きになったときからずっとずっと好きな曲。わたしの中で人生で生で聴きたい曲全アーティストでのベスト10位内。(2016ツアーは今と未来を繋ぐものが聞けたんだよね、これもベスト10位内。あとはコブクロだと手紙と夢唄。」これ、実現したんだなあと思うと本当に思い出すだけで涙でちゃう。手紙はニアミスで聴けなかったからまたいつかの機会に。

 

 

 

 

今年も遠征しまくって7公演も行ったわけだけどいつまで遠征してライブ見れたり旅行できたりするかなんてわからないわけだし、もしかしたら明日死んじゃうかもしれないし、ライブ行けない状況になるかもしれないし、とか思うと行けるときに行けるだけ行かなきゃ行けないなあって思うから費やしているわけで。これが正しいか間違えてるかなんて死ぬときにしかわからないけど、いまはこれが幸せだと胸張って言えるから胸張ってそう言えなくなる時までは行けるだけライブも旅行も遠征も行くって改めてこのツアーを通して思ったりもしたな。

 

 

たくさん書きたいことはあるんだけどあまりにも記憶が曖昧で、たぶんあと他の人がたくさんレポしてくれてるはずだからそれを見てくださいって感じです。最初はバンメン大好きなわたしが2人だけのツアーをめちゃくちゃ心配してたけど結論としてやっぱりコブクロ尊いってなったツアーだったことが伝わればそれでいいかなと思いまする。(2人もちょいちょいバンメンいないのにいじっててくれたし!でもやっぱりよっしーさんそろそろ見たいけど!!)

 

 

 

もうすぐコブクロの結成20周年イヤーだね。楽しみだな。デビューより結成を大切にしてるあたり本当にコブクロ好きってなる。そんなコブクロを好きになれたことにこれからも誇りを持って過ごして行けるといいなと思って振り返りを終わろうと思います。20周年ライブ宮崎はレポしたいので頑張って記憶してきます(多分無理)

 

 

それではまたね☺︎

 

 

 

みいきち。

 

推しライブからの推しライブはしご。

 

 

おひさしぶりになってしまいましたが週末行ってきたライブの感想をちょろっと。5/26はコブクロさんの ONE  TIMES  ONEツアー初日☺︎☺︎これはネタバレできないのでただひたすら凄かった公演数増やしますしか言えないのでサラッと。ファイナル終わったらネタバレありで書くのでまだ内緒!

 

 

本題はここからでーす☺︎5/27

KAZUTOMO  U-reeワンマンライブ @名古屋。

 

セトリ。

1.頑張れ!


1曲目に頑張れ聞けたライブ久しぶりに行ったかもしれない。半分くらいまでバラードバージョンになるパターンの頑張れすごく好きなんだけど今回それで初っ端から泣きそうになりました。ずるい。

 


2.Zutto- Motto


頑張れからのこれは振り幅の広さがね〜すごいよね〜お客さんみんなでワイワイする感じとってもすき。毎週ずっともっとやってた頃がすんごく懐かしくなってしまったさみしい、、、

 


3.MOTTAINAI


何回も!言うけど!ほんとに!勿体ないのは!KAZUTOMOの封印曲たちだってば!いい曲たくさんあるのに!ライブでもっとやればいいのに!ってほんとに思うからそろそろやってほしい曲とかCDにしてほしい曲とかいっぱいあるな〜もったいないのに!

 


4.天秤


天秤にかけるものって、たぶん大きな決断になることが多いものだと思うんだけど、よくよく考えてみたら、日常がそもそも毎日選択の連続で言い換えたら天秤にかけてるんだなって気づいてから聞くこの曲はすごく深く聞こえる。どのライブに行って、どの交通手段を使って、とかもその一部になるんだなぁって思い始めたらキリが無いなって気づいた。

 


5.思い出の中で


作詞はかずくんだけど作曲はともくんっていう珍しい曲作りをした曲。お互い地元のことを考えて書いたって話してた気がするんだけど、とってもわかる気がする。私も新潟育ちだし緑の中で育ってきたからすごくわかるなぁって思う曲。

 


6.蛍


曲説もう泣けちゃう曲。この曲聞いて思い出すのって、死んじゃったお婆ちゃんの死に際の姿なんだけど、もっとこうしてあげたらよかったなあとか、もっと長生きしてほしかったなあとか思うんだけど、めっちゃ後悔してることがあるからもっともっと大切な人たち(家族も友達も恋人もそう)を大事にしようって思う曲。大切な人と聴きたい曲。

 


7.ハイビスカス


ライブでのハイビスカス久しぶりに聞けて純粋に嬉しかった!1回だけ沖縄行ったことあるんだけど、そのときの景色がすごく思い出される曲。かずくんって景色とか情景を曲にするのがすごく上手な気がする。上手というか伝わるような曲が多いなぁと思う。

 


8.KISSME


もう大定番になってしまったよねこの曲は。ちょっとエロさの残るKISSMEがすき〜〜ていうかいつから振り付けみたいなんついてたん?全然知らんかったすぎてついていけなかったけど2人が照れながら歌ってたからオッケーです!笑笑

 


9.ハチドリ


だから言ってるじゃんハチドリはダメだって〜。最初聞いた時よりも明らかに完成度が増してるし曲説で泣いちゃうんだよなあ、、かずくんが曲説で、「貧困でご飯たべれないとかそういう事情を持つ子供達と最初にふれあう機会があったときに戸惑いが隠せなかったしどうしたらいいかわからなかった」的なこと話してたのが1番ぐっときた。ただ少しだけ、そんなことがある人もいるんだって思って知ってもらえるだけで救える世界があるってことをもっと知ってほしいなって思う曲。

 


10.Rainy Days


雨の日に夜行バスに乗ってる時に聴きたい曲ランキングぶっちぎりでナンバーワンなこの曲。最近の曲説で実はもっとドロドロとした怪しい曲であることがわかってこの感情の処理に苦労する曲。でもすき。こんな曲もあるんだな、すき。ってなる。

 


11.Monopoly


はいでた!新曲!モノポリーって読むらしいんだけど、意味を調べてすごく頷いてしまった。「独占」っていみのある言葉なんだけど、ああそうかそういう意味なのかってわかるとほんとにえろく聞こえてしまうこの曲ずるい、、、、、。前の曲と合わせて聞いちゃうとさらに相乗効果の高い曲。

 


12.愛で


最後の 「愛して〜〜」って歌うところの声の伸びが凄まじく好き。透き通るようなハイトーンボイス出せるのほんと珍しいなあって思いながら聞ける曲。インストアライブで拍手くるのもわかりすぎるわ、、

 


アンコール
1.青のまち


KAZUTOMOといえばの大定番ですね。やっぱりライブできく青のまちは最高に素敵。またはやく長崎に遊びに行きたい衝動に駆られてしまった私がいるよこの曲は代表的な曲になったなあ、ほんとに。

 

 


もういつでもKAZUTOMOのライブはいろいろな発見と感情を伴いすぎる。この日もコブクロの次の日ってのもあって推しの供給が多すぎてライブ終わった瞬間リアルに頭抱えてどうしよう、、、ってなってたら2人に笑われたんだけど、そんなとこも含めああKAZUTOMOすきぃ、、、ってなるライブでした。名古屋で聞くKAZUTOMOは格別ですね。そろそろ九州にも聴きに行かなきゃな。楽しかった幸せでしたキラキラしてた。ありがとうございました!!!☺︎☺︎

 

 

 

みいきち。

 

またいつかねなんて言わないで。

KAZUTOMO 単独ライブ
Another Time -またいつかね-
@2018.1.20 千種 5/R Hall&Gallery

 

KAZUTOMOの名古屋拠点最後のライブを見てきたお話。とっても良かったので早速レポ書き、、、1回最後まで書いたのにまさかの全部消えよったのでまた最初から。

 


セトリ


1.ターコイズブルー

最初はこの曲じゃなきゃ始まんない!って思ってたらドンピャ!出てきた時にもう泣きそうだったのは内緒。2人がキラキラ光って見えたそんな曲。沖縄旅行して、レンタカー借りて国道58号線でこの曲流してドライブしたい。絶対素敵。

 

 

2.天秤

まさか2曲目で、新曲で、泣かされるとは思ってなかった。この歌詞の状況が私のいまの状況と被っていて。いやもう全部一緒。かずくんエスパーなのかって思った。早速泣いてたらニヤニヤしながらこっち向いてくれた。絶対目があった。恥ずかしかった。

 


3.MOTTAINAI

2曲目からの振り幅が大きい。最初これは泣かない!大丈夫!って思ったけど普通に泣いた!たぶん会場にいた人この曲聞いたことある人みんな思ったと思うけど、1番もったいないのは2人の封印してる過去曲たちだと思う!たくさん良い曲あるのにもったいない!

 


4.普通の日常に

最初に言うね、私この曲で初めて泣きました。泣いたことなかったのに。2曲目と繋がっている様な気がして、ああ、普通に働いて、好きなご飯食べれて、幸せだなあと。この幸せを、幸せだと思って大切にすることが普通の日常を過ごしていくことなんだなあと改めて思った。見方が変わったな〜

 


5.Letter

曲説から大好きな曲。最初の「夢を抱えてこの街を出て行ったあの日 本当は何もかもが嘘だと思いたかった」このフレーズ、引っ越してもうすぐ1年経つけど、最近すごく染みるようになった。帰る場所があること、今頑張れる場所があること、それって素敵なことだな、頑張らないとなって思える曲。

 


6.マーガレット

これも曲説から大好き。前どこかで書いたことある気がするんだけど、KAZUTOMOのマーガレットはこれから2人で幸せになろうねって意味が込められてる曲。マーガレットの花言葉は、真実の愛。色々な意味が込められた言葉。これは、もしも将来いつになるかわからないけど結婚できるとしたら、相手の人と絶対聴くって決めてる。とても素敵な曲。

 


7.Zutto- Motoo

ずっともっとの!!!オープニングの曲!!!やっと!!フルで聴けた!!!嬉しい!って思ってたらかーちゃん(わいわいテレビのずっともっとのMCの素敵な方)が出てきてずっともっとの収録しました、、、わたしずっともっと好きすぎてなんの話が何話目ってだいたいパッと出てくるんだけど、ともくんはお酒を飲んだら喋るのか回はさらにもう直ぐに20回目!って出てくるレベルで好きでその話を隣の人とこそこそしてたらかーちゃんと目があったし笑ってくれた嬉しかった、、、ずーっと笑ってた幸せすぎた。

 

 


8.メドレー
一つの思いを幸せに 二つの星 夢人 キミイロボクイロ WE&EVERYBODYSONG いつもそば

 

なんでこんなにいい曲たくさんあるのにメドレーで歌ってくれた曲たちは封印されてるの?なんで?もっと歌ってほしい〜って思った。あと、いつもそばにはフルで聴いたら心臓なくなるからメドレーでよかった!生きて帰ってこれないかと思った!全部素敵だった、、、夢人めっちゃ好き。。かずくんは聞いたことない人たくさんいると思うけどって話してたけど何曲かはYouTubeに載ってるよね、、、また聞いてニヤニヤしよう。

 


9.離れ離れになる花弁の様に僕らも離れた

始まる前にこれは絶対するよね〜なんて話してたけど、まさか!バイオリンのKOHTENさんとのコラボで聴けるとは思わなくて、バイオリンが入るとさらに深みが増して素敵になるなあって。一昨年、去年と2年連続でこの1月の時期に大切な人を失うっていう、めっちゃ辛いことがあったんだけどその時にすごく聴いていた曲。「出会いの数だけ別れがあるとは思っていたけれど あなたとの 別れだけは覚悟ができなかった」冒頭とその次の「寂しくて 苦しくて 自分を責めるばかり」だけ、たった1分くらい。こんなに曲に助けられるんだ救われるんだって思う曲。涙なしでは聴けない。覚悟が必要。

 


10.KISS ME

最近のお気に入りらしい。離れ離れからの振り幅。この曲は何と言ってもともくんが照れ臭そうにコーラスを入れてくれるところとかずくんの煽りがめっちゃえろいところがもう、、ね。すーぐかずくん暴走しちゃうところも含めて笑顔になれる曲。感情が追いつかない。笑いすぎてお腹痛かった!

 


11.愛で

なんでラストのこのゾーンに新曲のそしてバラード入れてくるの?なんなの?感情ぶち壊したいの?って思ってひたすら泣いてた。曲説で、「愛そのものをテーマにして書いたことはなかった」って話してた気がするんだけど、そのかずくんの愛そのものの解釈が詰まっていて。人だけじゃなくて、モノや、場所。全てに対しての愛が詰まっている様な気がした。

 


12.ハチドリ

この曲も泣いたことなかったし、まさか曲説から泣くなんて、、、涙腺大丈夫かよって思った。職業柄、色々な過去を持つ人に出会います。そんな仕事に就いて約1年。本当に色々な人に出会いました。壮絶な過去を持つ人にたくさん出会ってきました。そんな人たちの日々を支援していてその話全部がぶわーーって蘇ってきて、歌詞とハチドリ基金への気持ちとそして出会ってきた人たちが全て繋がって涙が止まらなかった。本当に、KAZUTOMO凄いなって思う。

 


13.青のまち

絶対!歌う!泣くわけない!って思ってたけどもうボロボロすぎ。青のまちはKAZUTOMOを救ってくれた曲。松浦市の大切なテーマ曲。そしてファンの私たちにとっても大切な曲。地元に帰りたくなって、家族でのんびりしたり、田んぼ見たくなったり、友達に会ってキャッキャしたくなる曲。松浦市の綺麗な海や山や素敵な雰囲気が伝わってくる曲。今度は松浦行って2人が歌う姿見に行かなきゃなって思った。

 

 


アンコール
14.また会える日まで

アンコールで、なんでまた、新曲、しかもなんてこんなもう、あー、終わった後言葉が出なかった。路上ライブ時代にお客さんが1人しかいなくてみたいな話を聞いてた後だったから余計に100人越えキャパで歌う2人を見て、涙が止まらなくて、こうやって2人がどんどん大きくなるんだなあ、と思って。その出発点のこのライブに来れて本当に良かったって思った。幸せです。

 

 

 

KAZUTOMOはいつもそばにいるね。きっと大きくなってもそばに寄り添ってくれる様な曲をたくさん歌ってくれるそんな風に感じたライブでした。すごくあったかくて素敵で幸せで。拠点を移すって聴いた時、私名古屋出身でもなんでもないけど辛くなって。なんでだろうなあって思ってたんだけど、ああ、お客さんがみんなあったかいからだなあ、素敵な空間を作ってくれるから寂しくなっていたんだなあって気づいた。だから九州に行ってもライブに通うしかないなって思った。また名古屋にも来るって話してたし他のところでもライブして行ってほしいなあ。

 

 

 

とまあ、わりかし真面目に書いてきたけど。ずーっと隣に座ってたKAZUTOMOを教えてくれた大切な人とキャッキャしながらかずくんのお洋服えろ!ともくん笑った!可愛い!目ぇ合った!無理!好き!泣いてる!って変なことばっかりいいながら過ごしてたけど、ああ、終わらないでほしいってこんなに願ったライブは久しぶりだった。いつもどのライブでもライブ終わらないでほしいって願ってるんだけど!!!!笑

 

 

KAZUTOMOに出会ってまだ3年。たった3年。だけどギュギュってその全てが詰まったライブだったなあと思った。人生っていつ変わるかわからないよね。本当に。2人に出会えて本当に幸せ。きっと2人は聞いてくれて出会ってくれて有難うって言ってくれるけどそれはファンの私たちもそう。こんなに人生変わったなって思えるアーティストはコブクロとKAZUTOMOくらいだなあ。何が何でも死ぬまで2組追っかけないとだなって決意して終わります。絶対書ききれてないし抜け漏れあると思うけど思い出したらまたなんかどっかで書くね。長々読んでくれた人有難う。そして本当に素敵なライブを作ってくれたKAZUTOMOの2人、スタッフの方々有難うございました。

 

 

またいつかね。

 

 

 

 

 

 

みいきち。

 

 

KOBUKURO LIVE TOUR 2017 「心」

 

 

 

ついに、ついにツアーファイナルが終わってしまったのでやっとネタバレありでレポが書ける、、、!!!忘れないうちに早めにレポをっていいながら年末になってしまいましたね。こんにちは。

 

 

 

【本編】
01. 君になれ

02. 虹

03. 君という名の翼

04. tOKi meki
05. 紙飛行機
06. SUNRISE
07. HELLO, NEW DAY
08. LIFE
09. 夏の雫
10. 流星
11. Starting Line
12. 蒼く 優しく
13. 心
14. 白雪
15. memory
16. 神風
17. ストリートのテーマ
【アンコール】
18. 未来
19. 轍 -わだち-

 

 

ひたすら隣の人(たいらねえさん)が泣いてるのを横目にわたしも泣いてた。笑

 

わたしは基本的によっしーさんしか見てないんだけどねえさんは黒田さんしか見えてないからいい感じに全体を見ていた気がします。

 

 

1曲ずつ振り返りたかったんだけど、莫大な量になりそうだからとりあえずとんでもなくよかったところだけ何個か。

 

 

 

 

まず、最初の心が使われている曲を使ってたオープニング。これ新潟公演で帰った時の飲み会でさらっとネタバレしてもらっちゃってたんだけどその想像を超えてきてたし、初日に「これネタバレなの?」って話してたって話を聞いたの思い出してちょっと笑ったけど、やっぱり何回見てもかっこよかったです。(語彙力)

 

 

新曲から始まるツアーも久しぶりな気もしたし、新曲たちがいい感じに主張しあっていて混ざりあっていて、20周年目前にしたコブクロの2人の今を表しているんだなあ、、と感じて心がふわっとした。そして小渕さんの振り幅の広さを改めて感じたしこれはやっぱりコブクロじゃなきゃ感じれない気持ちだなあと思って。

 

 

tOKi mekiのよっしーさんはどこ公演も可愛くてずーっと見ていられる。バンメンみんな踊ったりとかしててああ、ああ、、、もう無理ごちそうさまってなって記憶途切れてるよね、、

 

 

Starting Lineはコブクロを好きになったときからずっとずっと好きな曲。わたしの中で人生で生で聴きたい曲全アーティストでのベスト10位内。(2016ツアーは今と未来を繋ぐものが聞けたんだよね、これもベスト10位内。あとはコブクロだと手紙と夢唄。)

「探して見つかるくらいじゃ そんな確かなものじゃないから」不思議と毎回ここの最初のフレーズを聞くたびに、気持ちが奮い立たせられる。そんな曲。

 

 

あと、今回から初めて使われてたLEDライト、コブクロのライブだとどうなるのかなって不安もあったけど想像以上に映えていて、素敵で、本当に綺麗で。ライブに華を添えている感じ。演出の一部って感じってよりは、こっちが主役みたいな感じもあったなあ、、不思議な感覚。バンプとかだと演出の一部だし、色とか全部自分らで変えるんじゃなくて自動なんだけど、それとはまた違う感覚。とにかくこれは導入してよかったと思う!!

 

 

 

 

なかなかまとまらないんだけど、とりあえず、今年もコブクロのライブに行けて本当によかった。新潟、横浜、静岡、名古屋、京セラ、埼玉で会ってくれた人、前後で遊んでくれた人、連番してくれた人、チケット譲ってくれた人、色々な人に感謝しなきゃと思いながら、来年のツアーもまたたくさん行くのでまたこれからもよろしくお願いしますって気持ちでいっぱいです。いつもありがとう。

 

 

 

ちなみに今年のライブ納めがコブクロのツアーファイナルになってしまったので、来年の目標は月1ライブです!笑

 

 

 

それでは。読んでくれてありがとう。

 

 

 

 

みいきち