好きなものはスキ

好きな音楽とかライブとか遠征とか旅行したこととか色々

いつまでも いつまでも 幸せが続きます様に。

 

 

稲沢アピタインストアライブ @2020.1.18

ワンマンライブ@Apasionado 2020.1.18

 

久しぶりに名古屋でKAZUTOMO見てきたよ~っていうレポ。レポというかただの頭おかしいファンの感想文です!!!!!!!(笑)

 

 

 

ここ数日風邪ひいて体調悪かったんだけどKAZUTOMO見たら元気になったから推しは絶大!最高!

 

 

稲沢アピタはもう庭だね~毎回毎回行きも帰りも迷子になりかけるけど。

 

 

13:00~1回目

 

1.ターコイズブルー

2.コスモス

3.KISS ME

4.青のまち

5.ハチドリ

 

ターコイズブルーは私の大好きな始まり方でいきなり歌い出しでバーンってなるやつ。(伝わる?)久しぶりに聞きたいな~って思ってたし嬉しかった!コスモスは本当に花言葉に似合うような曲に育っていたし、(色によって違うみたいなんだけど、優美とか、調和とか色々な意味があるらしい!)KISS MEは可愛い公認の振り付けできてたし、それをやるかずくん可愛すぎて悶絶。あと欲しがっちゃうのほんと可愛すぎ。

青のまち、ハチドリは稲沢でも定番になってきたけど、本当に声の伸びが段々とすごくなってて圧倒されてしまったよ、、、!

1年半ぶりのライブだったので久しぶりにグッズ買ったんだけど、ちゃっちゃかとサイン書いてくれるし写真とか撮ってくれるしもう泣いちゃいそうだった、、(何回ライブ行っても慣れない、、、)

 

 

15:00~2回目

 

1.頑張れ!

2.Monopoly

3.普通の日常に

4.KISS ME

5.愛で

EN.青のまち

 

 

インストアライブだよ、、?アンコール毎回嬉しくなってしまう、、普通インストアライブってアンコールないんだけど、稲沢アピタのお客さんもスタッフさんもあたたかすぎて嬉しい、、、。あと頑張れ!久しぶりに聞けて頑張ろうって思った瞬間次の曲でMonopolyやるなんてもうえっろ、、ってなった。インストアでやるのファン増えるってすき、、、、

普通の日常にも、愛でもすごく好きだから聴けて嬉しかった。

 

 

(嬉しいと好きしか言うてないな。今回。)

 

 

 

 

 

ワンマンは19:30~

庄内緑地公園のApasionado(アパショナード)さんで。すごく雰囲気の良いライブバーだった~!

 

 

 

セトリ(記憶が間違えてなければ、、!間違えてたら教えてください!( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`))


1.MOTTAINAI

2.Monopoly

3.君にとっておきのラブソングを

4.勿忘草

5.マーガレット

6.Rainy Days

7.離れ離れになる花弁の様に僕らも離れた

8.雪の妖精

9.KISS ME

10.青のまち

EN 愛で

 

MOTTAINAIよいね〜最初盛り上がったな〜MCはゆるっゆるで可愛さ抜群だったけど。あとともくんが曲説〜曲までうまくまとめたそうだったのにかずくんが気づかなくてぐだぐだなってたりして2人の仲の良さに改めて気づいたよ、、、可愛い。

Monopolyはもうエロいです。あざした。えちえちの神です。最初のイントロめちゃくちゃかっこよくなってたんだけどアレいつから?最近?めっちゃ良い、、、、

そのあとのもう君に~なんて久々すぎない???まって!のコールアンドレスポンス練習のときのかずくんの欲しがりかたが可愛いのなんのもう~~!!!頭抱えたリアルに。そんなん言われたらもうみんな好きになっちゃうって、、

 

リクエストコーナーで勿忘草とマーガレットとRainy Days(途中まで)やってくれたんだけど、私リクエスト曲勿忘草とマーガレットで悩んでマーガレット書いたからどっちも聴けたしそもそも勿忘草からのマーガレットなんてもう真逆の曲だから意味わからん~すき~くるしい~ってずっと泣いてたら2人と目が合いました。これ絶対。嘘じゃない。

勿忘草の花言葉は「私を忘れないで」で、マーガレットの花言葉は「真実の愛」が有名なんだけど、勿忘草は好きな人を失って悲しくてどうしようもないっていう曲だけど、マーガレットはこれから2人で幸せになろうね、って曲で作られてるからこの2曲続けて聞けるのはもうすごいと思うの、、、、、それだけでずっと話せるくらい。笑

 

Rainy Daysはたくさんリクエストあったから全部は無理だけど少しだけ〜ってことでやってくれた!一時期めっちゃハマってて聞きすぎてたけど雨の日の夜行バスで聴きたい曲ナンバーワンの座は揺るがないよ。この曲。

 

離れ離れ〜はたぶんライブではめっちゃ久しぶりに聴いた気がする。ともくんがたしかこの曲はかずくんの声の出るギリギリを攻めましたみたいな話してたけど、ほんとにキー高いし、でももう柔らかい歌声であのキー出せるのは本当にもう全人類に聞いてほしいってめっちゃ思ってるよ今でも。

 

雪の妖精は名古屋では初めてって話してたけど、雪の降る新潟出身の私としてはめっちゃ共感でしかなかった、、、「真夜中の歩道 雪に舞う君を 見逃したくなくて シャッターを切る」ってすごい歌詞じゃない?まあ本場の雪の降る地域では土砂降りのビシャビシャだからこんなことしてる余裕はないけど、そんなことして遊びたいじゃん?やってみたいじゃん?恋愛ソング得意な2人の冬の曲は最強ってことですね。

 

KISS MEは稲沢でも聴いたけどかずくんが考えた可愛い公認の振り付けが出来て盛り上がったし、あと言われたがりなかずくんのコールアンドレスポンスが可愛すぎるよね毎回、、、、、ともくんが恥ずかしそうにニコ( ・ᴗ・ )ってやったの見逃してないから、、、笑

 

本編最後は青のまちで。

青のまち、松浦市の公式ソングだけど地名とか入ってないからどの地域で歌ったり聞いてもとても馴染むのもすごいな~って毎回思うし聞く度に歌が上手くなってる気がしてすごくすき。

 

 

アンコールは愛で。

前にも書いたことあるけど愛での最後の部分の愛して~ってとこの透き通るようなハイトーンボイスがめっちゃくちゃ綺麗なの。最初にライブでやった時ともくんがどこまで声が伸びるかわかんなくて不安になったみたいな話聞いたことあるけど相方でも分からないくらいの凄さってこと。(全然伝わる感ない、、)大切な人やもの全部大事にしようと思える曲。

 

あとどっかのMCでともくんがかずくんのこと前髪さんって言っていじってみたり、かずくんのベルトひっぱってみたり、ライブを重ねる毎にともくんのMCレベルが上がってる気がして愛おしすぎた、、、、、

 

 

 

久しぶりにKAZUTOMO見れたんだけど成長が激しすぎてずっと感動していた、、サブスクの解禁も始まったことだし色々な人にさらに聴いてもらえる機会も増えるだろうし、ぜひ本当におすすめだからいますぐ聴いてほしい!

 

 

久しぶりに色々な人とも会えたし懐かしの人にも会えたし頑張って遠征してよかったな~って思った。楽しかった〜〜

 

めちゃくちゃ長くなってしまった、読んでくれた人ありがとう!

またライブで〜!

 

 

みいきち。

 

 

 

 

 

 

 

マカロニえんぴつって知ってる?

 

 

マカロニえんぴつ マカロックツアーvol.8〜オールシーズン年中無休でステイ•ウィズ•ユー篇〜@2020.1.12マイナビBLITZ赤坂

 

 

マカえんのワンマンに行ったお話。(今気づいたけどワンマン初めてだった)すごく良かった話。

 

 

 

 

 

 

 

セトリ

 

 

01.青春と一瞬

02.トリコになれ

03.レモンパイ

04.恋のマジカルミステリー

05.眺めがいいね

06.MUSIC

07.愛の手

08.ワンドリンク別

09.幸せやそれに似たもの

10.TREND

11.STAY with ME

12.ブルーベリ•ナイツ

13.あこがれ

14.二人ぼっちの夜

15.洗濯機と君とラヂオ

16.Supernova

17.ハートロッカー

18.ヤングアダルト

En19.恋人ごっこ(新曲)

En20.ミスター•ブルースカイ

 

 

 

 

本編最初が青春と一瞬で最後がヤングアダルトって誰が考えたの?良すぎじゃない?めっちゃ涙出た。あと最初のところのスモックみたいなのすごくよかった。

 

恋のマジカルミステリーは最初のイントロが印象的で可愛いらしいのに、歌詞はもうなんていうかカッコつけちゃうメンズのための曲みたいなこの曖昧な感じなのにちゃんと曲として成立するのがマカえんの凄さなんだろうな〜。

 

 

どの曲か記憶なくなっちゃったけど、キーボードの長谷川さんこと大ちゃんがエアギター?してるの、、可愛すぎて悶絶、、、キーボード弾く顔も笑う顔もお客さん煽る顔も、全部キラキラしててすきぃ、、、ってなった。

 

 

眺めがいいね〜MUSIC〜愛の手の流れ良すぎてライブ終わってからしばらくその流れで曲をずっと聴いている、、、愛の手の「愛は、きみがよく歌う知らない歌で 恋は、ぼくの好きな歌」ってところ、付き合いたてのカップルみたいじゃない?いやわかんないけど。少なくとも1年くらい付き合ってたら、お互いの好きなものとか曲とかよく聞き合うだろうし(個人差あると思うけど)3年も一緒にいたら相手の推しはだいたい自分も推してることが多い気がするし。(みんながそうとは限らないと思うけど)

だからなんか初々しく感じるけど切ないよねなんか。

 

 

 

ワンドリンク別で盛り上がったあと、まさかそんな幸せやそれに似たもの来るとは思わなくてちょっと号泣したのは内緒。

「本当は泣いていたんだね 無理して笑っていたんだね」ってみんなそんな時ない?私はよくあるんだけど、周りの人には気付いて欲しくなくて無理してるくせに、ほんとは気づいてって言いたいんだけど、言えないっていう矛盾ね。こんなふうに歌ってくれる歌があるとちょっと落ち着くよね。あとよれたシャツの袖をつかむって表現がえげつなくない?めっちゃ日常じゃん?って思った。

 

 

全部よかったんだけど、あこがれの前のMCではっとりさんが「どうしてもこのツアーでやりたかったんだよね」的な感じでお話ししてくれてすごく嬉しかったんだ、、、マカえんが音楽始めた頃のあこがれが詰まってる曲。(って私は勝手に思ってる)

 

 

ヤングアダルトで本編終わったのすごく良かった〜って最初にも書いたけど本当に良かった、いまのマカえんって感じがして。いまの、っていうのはおかしいのかもしれないけど、現時点での最高潮を見た気がした。

 

アンコールは新曲の恋人ごっことミスター•ブルースカイ。新曲ね〜早く音源ほしい。めっちゃ聴いてほしい。

 

マイナビBLITZすごく照明も音響も好きでよかったんだけど(照明大好きマニアだから)9月でなくなっちゃうの残念、、、それまでにもう1回くらいいけたらいいんだけどな。

 

 

次のツアーも絶対チケットもぎとるぞー!負けないぞー!どんどん大きくなるキャパとチケットの取れなさが人気になっていくんだなぁと実感するね。

 

 

もうマカえんのトリコなんだよ。

 

 

 

おしまい。みいきち。

初めてエレカシを見た話

 

 

エレファントカシマシ新春ライブ2020@2020.1.5国際フォーラムホールA

 

大学の時からの友人に誘ってもらってエレファントカシマシのライブに始めていった話。久しぶりに連番でライブを見たからそれも楽しかったっていう話。

 

ここからはネタバレになるので見たくない人は回れ右~~!!!

 

 

 

 

 

第1部

01.俺の道

02.平成理想主義

03.新しい季節の君へと

04.旅

05.悲しみの果て

06.真冬のロマンチック

07.ふたりの冬

08.昔の侍

09.自由

10.i am hungry

11.ドビッシャー男

12.遠い浜辺

13.笑顔の未来へ

14.桜の花、舞い上がる道を

15.未来の生命体

16.旅立ちの朝

17.風と共に

18.俺たちの明日

 

第2部

19.デーデ

20.RESTART

21.ガストロンジャー

22.ズレてる方がいい

23.悪魔メフィスト

24.風に吹かれて

25.今宵月のように

 

アンコール

26.RAINBOW

27.so many people

28.ファイティングマン

 

 

エレカシ、好きではあったけどなかなかライブに行く機会もなかったし、全部曲を知っていたかって言われるとNOだったんだけど、めちゃくちゃ楽しかったし感動した~~~!!誘ってくれた友人にすごく感謝した…

 

 

最近照明が作りこまれてたり、演出が派手だったり新しいものだったりっていうライブに行くことが多かったから特にそう感じたのかもしれないんだけど、途中まで本当に照明も演出もシンプルでシンプルだからこそエレカシの長年の歴史というかすごさが改めてビシビシと伝わってきてすごかった。

 

個人的には、宮本さんが冬の曲です、っていって紹介してくれたあたりの曲がすごくもう胸に響いたよ。季節的な問題なのかもしれないけど、冬の曲ってすごくすき。切ないけどやさしくて暖かくて、冷たくて、人恋しくなるし、大切な人は大切にしょうってちゃんと思うからなんとなく好きな曲が多い気がする。

 

あと、すごい思ったのは長く活動してるってのもあるかもしれないけど、曲のふり幅の広さがすごいな~って改めて思った。わかりやすい話をすると、デーデやRESTARTが続いた後、風に吹かれてと今宵月のようにってなって本編が終わるのって結構すごいな~って思った。そのまま同じ系統の曲で終わると思いきやっていう感じ。好きです。

 

 

勉強不足で知らない曲もあったんだけど、そんなこと忘れるくらいよいライブを見れてよかったな。これを機にもっともっとたくさんエレカシの曲聞きこんでまたライブに行きたいな~。

 

久々に連番でライブを見たのだけど、やっぱりその音楽が好きな人とライブにいくのは楽しいね。もちろん1人でいくのも楽しいけど。これからも全然1人でも行くけど、誰かとライブに行く機会も増えたらいいなあと思った次第。

 

 

新年1発目のライブが終わったので今年もたくさんライブに行けたら幸せだね。

ではまた。

 

 

 

みいきち

ATBツアーでコブクロ の20周年お祝いしてみた

 

KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB

 

3/20-7/21全国15都市32公演分のツアーが幕を閉じたのでレポでも、、、と思っているのだけど なんせ初日は3月でネタバレなしでツイートとかしてたので 記憶が皆無 、、、レポができるほどの記憶を持ち合わせていませんでした コブクロに関してはいつもこう 覚えてられないというか キャパオーバー というか うんキャパオーバー だね。

そして20周年中に書き上げたかったのだけど、もう21年目に突入してしまったよ、、、?

 

今年は個人的には 長野初日、北海道2日目、盛岡1日目、仙台1日目、横浜2日目、武道館2days、金沢1日目、新潟2日目、京セラファイナルの9都市10公演に行ってきたよ、、!多い、、!3分の1行ってるの冷静に考えて頭おかしい、、、!

 

 

とりあえずファイナルのレポでも。レポというかもうただの感想文だし国内ファイナルから何ヶ月経ってんの?って感じ。もう年の瀬。

 

 

今年のツアーも初日からファイナルまででたくさん行くことができたけど どのライブも1つとして同じものがなくて それがコブクロの良さなんだなって改めて思ったのね、ってTwitterに書いてた。

 

 

あとね〜今年もよっしーさんめっちゃくちゃ可愛いが過ぎました、tOki meki可愛い〜〜しぬ〜〜〜ありがとう推し〜〜!!!ってなったね、、、来年以降もよっしーさんの見どころよろしくお願いしますね、、

 

 

 

コブクロをずっとずっと好きでいれてライブ行けて本当に幸せな1年だったから来年も、次のツアーもたくさんツアー行けるといいな。楽しみだな。ツアーで会ってくれたみんなもいつもどうもありがとう。来年もよろしくね

 

 

(もう記憶がなさすぎてレポ書けないから次ツアーこそ頑張ります、、笑)

 

 

今年もありがとうございました。

来年もぜひよろしくお願いします。

 

 

みいきち

 

キーボードにオチた日

 

 

緑黄色夜祭vol.9

@2019.6.14 恵比寿LIQUIDROOM

緑黄色社会×マカロニえんぴつ

 

 

リョクシャカとマカえんのツーマンに行った話☺︎リョクシャカは何回かライブ見てるけど、マカえんは何気に初めてのライブでした。久しぶりに オチた っていう感覚を身にもって体感したからとりあえず記憶は曖昧だけど自分の記録用に。

 

 

 

 

マカロニえんぴつ セトリ

 

 

 

 

1.鳴らせ
2.girl my friend
3.レモンパイ
4.ブルーベリーナイツ
5.青春と一瞬
6.two much pain
7.洗濯機と君とラヂオ
8.keep me keep me
9.ハートロッカー
10.ミスターブルースカイ

 

マカえんのライブ初めてだったけど曲はもうずっとどハマりして聞いてたから初めてライブ見てる感じではなかったんだけど 鳴らせのイントロ始まった瞬間からもうキーボードの長谷川さんの表情と煽りとキーボードを舐め回すように弾く姿に完全にキュンとオチた。

 

girl my friendからのレモンパイきての振り幅をみて改めてマカえんのすごさを思い知ったというか言葉は拙いかもしれないけど魅せ方聴かせ方のタイプが個人的にはなってしまうけどすごく好きってなった。歌詞の中にごめんねとか入ってるのに嫌味っぽくなく謝ってるわけでもないように聴かせてくるアーティストってすごいなと、、、おもうんだよね、、、

 

ブルーベリーナイツの「傷つかないための気づかないふりばかりだ 信じることは悲しいこと」の後に来る言葉が「夜の幻 さよなら25時 忘れちゃうのに求め合うのは身体が空っぽだから」って続くのが思わず心を揺さぶって音源で聴いていた以上に涙が出そうになった。歳を重ねるごとに知らなくてよかったことを知ってしまったときに気づかないふりをしてしまうのが増えたような気がしていたからドンピシャすぎた、ね。

 

 

青春と一瞬はもうこの夏で25歳になるから青春って終わっちゃったかなぁとか思ってたけど、高校生とか大学生の頃のこと思い出してちょっとその頃出会えてたらもっと胸にグサグサきてたのかなぁって思ったけど、今聴いても毎日後悔しないように生きなきゃな〜みたいな感じになったし、two much painも、洗濯機と君とラヂオもkeep me keep me もハートロッカーももっともっと言いたいことあるんだけど、レポが終わりそうにないからまた話すとして、

 

 

ミスターブルースカイの破壊力がえげつなかったことだけ伝えたくて。キーボードの長谷川さんにオチたことは前述したとおもうんだけど、とてつもなく良かったんだよ、、表情もキーボードの弾き方も感情の入れ方も本当に全て良かった、、、バンドのキーボード好きになりがちなのはわかってたことだけどこんなにオチた という言葉がスッと自分の中に入ってくるのはこういうことなんだって身をもって改めて感じた。ひたすらに推しがどんどん増える恐怖感と幸福感のせめぎ合いだったことを思い出した。

 

 

 

 

緑黄色社会  セトリ

 

 

 

 

 

 

1.あのころ見た光

2.にちようび

3.逆転

4.アウトサイダー

5.Never Come Back

6.幸せ

7.Bitter

8.Alice

9.真夜中ドライブ

10.始まりの歌

EN.またね

 

 

 

ちょうど 幸せ-EP- の発売の頃だったんだよね、このツーマンが。だからその中からたくさん歌ってくれて嬉しかったなぁと思った反面、昔の曲でずーっと好きな曲が何曲があるんだけど、いつやってくれるんだろうなぁっていう寂しさもあったなぁ でもなんかずっと泣いてたなぁ。

 

 

新曲のにちようびも逆転も幸せもライブで聴けて嬉しかったなぁ どの曲も いまの緑黄色社会 が垣間見えてすごくツボ すごく好き しかもライブアレンジと音源が少し違った気がしてそれもまた感動したなあ 晴子ちゃんの歌の上手さは本当にいつ聞いても感動してる。

 

幸せの最初のシンセ?ピアノ?ひいてるpeppeちゃん死ぬほど可愛い 悶絶。 女子から見ても最高な女子。幸せの歌詞の中に「それでも繋ぐこの右手は  ただぎゅっと力を込め握っても 隙間ができる程勝てやしない大きさで 愛しくて 愛しくて 幸せを噛み締めてる」って歌詞がもうなんというか 緑黄色社会の真骨頂というか 色々な解釈ができる歌詞であって そのほかの歌詞が全部ここに集約されてるのでは?って思うくらい 胸がぎゅってなる。良い意味にも悪い意味にも捉えられるからその時の自分の気持ちや状況や晴子ちゃんの歌い方なんかで感じ方が全然違うんだろうなぁって思って聞いてた。ちなみにこの日はなんでか知らんけどめちゃくちゃ悲しく聞こえてしまったというか手を離してしまったら終わってしまうような幸せなのかなみたいな解釈になって聞いてて自分でもびっくりして泣いたよね、、、

 

 

アウトサイダーもBitterもAliceも好きだから聞けて嬉しかったし真夜中ドライブもすごく良かったんだけど 本編最後に始まりの歌もってくるところが そういう大切な曲や思いがブレないところがすごく好き。

 

 

ラストのまたねもよかったなぁ。 またね の出だしの「私 あなたの前ではずっと笑って それ以外の顔出せなかった 寝息が途切れないように そっとドアを閉めた 「またね」」がもうね〜ほんとにね〜歌い方から何から全部めっちゃくちゃ好きなんだよな、 最後の歌詞が 「私 あなたの前では ずっと笑って それ以外の顔出せなかった 別に無理していたわけじゃないのに これが最後だからいいよねと 笑顔を崩して起き上がる 寝息が途切れないようにそっとドアを閉めた 「またね」」に変わるのがもう 本当のまたね ってこんなだよなぁって思うんだよ 本当にすごく歌詞がこんな深読みしちゃう?ってくらいかもしれないけど、ぜひ聞いてみてほしいこれは。最初の歌い方と最後の歌い方全然違うんだよなぁ、エモい。

 

 

 

 

ライブレポ作るのに2ヶ月もかかっちゃったんだけど、化学反応ってすごいなって思うツーマンが見れて幸せだったんだよほんとうに。緑黄色社会は次12月のワンマン、マカロニえんぴつは1月のワンマンでみれる予定だからそれまでまた楽しみに頑張ろうかな〜って思います 長々と呼んでくれてありがとう(ちゃんと全部読んでくれた人なんているんだろうか、、?)おわりにします。 またね。  

 

 

 

 

みいきち

 

でも夜が長すぎたので

 

 

真夜中のこんな時間に 突然 好きだったバンドのワンフレーズが頭によぎること やらなきゃいけない仕事がたくさんあるのに そんな歌歌ってしまいたくなる夜が山ほどあること きっと今はこう感じるけど1年経てばそれはもう同じ感情では生きていけないかもしれないこと

 

 

気づいたら嫌いになってしまうから 気づかないふりをして過ごす夜もあること それが正しいかどうかは今は まだわからないけど たぶんそうしないと ダメになってしまう気がして

 

 

 

優しさも 強さも 弱さも っていうか弱さしかない自分に嫌気がさすことしかないけど  それでも生きていかないと結局ダメなわけで  苦手なことや嫌いなこと 伝えないといけないことから多々逃げがちなのは そろそろ直そうとは思ってはいる 思うだけならタダだから。

 

 

 

 

好きな歌はどんどん増え続けるし きっと好きな音楽も増え続けていくと思う いまは  好きな音楽を 歌を 歌詞を メロディーを精一杯浴びて 感じて生きていこう って決めた夜もあるけど 挫折しそうになる夜だって ないわけじゃない。

 

 

 

まけないぞー!負けてたまるか!って気持ちと負けてもいいや って気持ちで毎日過ごすことほど辛いことはないし やりたかった仕事なはずだったのにいつからか嫌な部分しか見えなくなっちゃったし でも好きなものに貢ぐには働くしかないわけで結局矛盾しちゃうし。

 

 

よくわかんないな 自分でも。

そう思うことが 最近増えたような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

更新しようと思って書き溜めてるライブレポもあるし 好きな曲たちについても書き溜めてるのになによりも先に 最近の心境でした。無性に文章が書きたくなる夜もあるよね ってこと。 おしまい。

自慢してもいいって 言ってくれたけど

 

井上緑 弾き語りフリーワンマンライブ@Zepp Diver City   2019.1.7

 

りょっくんの初Zeppライブに行ってきたお話。新年1発目のライブのお話。

素敵すぎたので忘れないうちに感想を☺︎☺︎

 

このフリーワンマンライブやります、って言った時のライブに行ってたお話はこちら。このときの発表から約5ヶ月なんだけど本当に楽しみにしてました。

この時のライブの最後に発表されたのが今回のZeppでのフリーワンマンライブで、クラウドファンディングして、ライブ見れて、りょっくんも言ってたけど本当によかったなあと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレです〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

セトリ

1.つぶやき

2.以上です

3.stand by me

4.ラブソング

5.花束

6.若者のバラッド

7.にんげん

8.先生

9.大丈夫

10.前夜

en.ヨワムシのウタ

 

 

 

8月のワンマンぶりにりょっくん見たのだけど見るたびに歌への気持ちとか歌のうまさとかもうなんていうか本当にびっくりするくらい最初から最後まで泣いてしまってみたよ、、、

 

ある程度の大きさのライブハウスって、本当に照明が綺麗な瞬間が何回か訪れるんだけど、今回はもうずーっと登場シーンから最後の最後の終わりまで本当に綺麗な瞬間しかなくて、私なんてまだりょっくんのライブいきはじめて2年くらいなんだけど、たぶん最高に照明が綺麗だった。シンガーソングライター 井上緑 の初Zeppに相応しい照明すぎた。

 

 

あんなに大きなZeppでギターと歌だけで聴く 最初の歌がまさか つぶやきだとはおもわなくて一緒にいった人と顔伏せて大号泣したし、話すように歌う人 りょっくん以外にどこにいるんだろう。心臓を掴まれて離さないような 直接語りかけてくるようなそんな つぶやき の歌い方がどストライクでした。

 

以上です。 はいつどんな状況で聴いてもグサってくるっていうかなんていうかうまく言葉に出来ないんだけど「短所はいくらでも音になるのに」ってとこでいっつも泣いてしまう。叫ぶように歌うのもこの曲を聞く為の覚悟を表すようなそんなふうに私には聴こえます。

 

 

 

Stand by me  聞きたいなとか思ってたらまさかの3曲目だし、イントロからもう無理だし涙腺崩壊だし「強がって調子に乗ってそんなこと言っちゃうの」「そんなことばかり言って1人で悲しく胸が苦しくなったりしてんだよ」って歌詞ってね、別に恋愛だけじゃなくて友達関係だったり仕事で割に合わない業務頼まれたりしたときとかあと家族関係とか ありとあらゆる所であると思うのね。それにピッタリだなって思ったら個人的な状況に当てはまりすぎて 苦しかったなぁ、でも最高にこの曲の照明も演出も歌も素敵だった。

 

 

 

Stand by me のあとまさかそんなラブソング来るとは思わんしこれももうんー!ってなった。(語彙力が戻ってきてないから伝えられないんだけど)結局、好きって単純だし簡単だし、もちろん気持ちだけじゃダメなこともいっぱいあるって知ってるけど、好き、を大切にしたいなって思い変えせる曲。このタイミングで聞けて良かったなぁとしみじみ。あとね、最後らへんで 「君に……」って溜めて歌うところが本当に綺麗に涙出てくるよな、、、、りょっくんの歌のうまさが本当にわかる、、照明ピンクっぽかったよね、すごい良かった

 

 

そして新曲の 花束  。いやぁ、もうMCから怒涛の涙だよMC上手い人なんていっくらでも見てきたけどそうじゃないんだよなありょっくんのMCって本当に胸に響くというかなんていうかぎゅっと引き込まれるものがあってその流れで花束はよかったなぁ。「この涙が雨になり、降り注ぐそんな未来を」なんて歌詞かけるのりょっくんくらいじゃないの。なんなの。息を呑むかのように聞いてしまっていたよ。

 

 

花束から続いて若者のバラッド。「死んでしまいたいっていうのは嘘です 本当は全部から逃げ出してしまいたいだけ 大体そんな感じです」ってそりゃもう生きてたら多分何回も思うでしょ??楽しいことばっかりして生きていける人なんてそういないだろうし嫌なことだってしたくないことだって我慢しなきゃいけないことだって沢山ある世の中だからりょっくんがそう歌ってくれるだけで救われる人がたくさんいるんだよって 私は思って聞いてた。代弁してもらえた気がして。また頑張ろうって思えた。

 

 

そこからの にんげん はもうだめ~~~頭伏せて泣きそうになったもう全力で泣かせに来てたでしょもうだめ、、、にんげんの「これからも働いて悲しくなって辞めたくなっても僕はあなたと笑っていたいんだよ だから明日も がんばってみるよ」の最後の部分に何度救われたことか。苦しくなると聞いて頑張ろうって思う曲なんだけど久しぶりに直接聴けて本当に頑張ろうって思ったしそりゃやなこといっぱいあるけど 毎日頑張ろうって思えた。

 

 

先生 も好きすぎてMC話始めちゃったらもうああもう 先生 だ、ってなってしまうくらいすき。曲説が本当に好き。曲も本当に好き。痛いくらいこの曲に共感出来るんだよ。中学の時に大好きな先生がいて本当に尊敬してたんだけど 自分の夢とか言えないまま終わっちゃったし 適当に流しちゃったけどあの頃から変わってない夢を今も持って過ごしてて だからあの時から努力してたらな、人に言えてたらなって鮮明に思い出すくらい この曲って凄い。

 

 

 

先生からの 大丈夫 ってもうなに弾き語りライブってなに。プチパニック。りょっくんに大丈夫って言われたら歌われたら 大丈夫って思う。最初の 「頑張ってる君に 「頑張れ」って酷だよな」 ってところでぎゅっと掴まれて惹き込まれて「 無責任で悪いけど」ってわざわざ色々考えてくれてさ。 好きなアーティストのライブ行けるだけで幸せだし生きる糧だし それなのに大丈夫って言ってくれて 頑張らない理由ないなぁ って思った。

 

 

本編最後は 前夜 。前夜歌うだろうなぁって予想してたけどこのセトリの本編最後はもうタオルなしじゃ耐えきれんって、、(タオル忘れて死にかけた) 前夜 の 「星に願いを 星に願いを「どうかあなたがこのままずっと」どんな願っても こんなに願っても 」がたまらなく好きなんだよなぁ。 次はこの前夜は 武道館で聞きたいなぁ、っていう夢がまた見れました。

 

 

 

本編まででもういっぱい泣いたし また頑張ろうって本当に思えたし りょっくんなんてたくさんありがとうって言ってくれてたけどお礼を言わなきゃ行けないのはファンの方で、Zeppでやってくれてありがとうだし 歌ってくれてありがとうって本当に思った。

途中でね、 Zeppでやったこと自慢してもいいよ!ってりょっくんが言ってたんだけどね 私は 武道館とかやって成功した後とかに「あの頃からその前から好きでZepp行ってたんだよ!凄いでしょ!今じゃZeppチケット取れないから凄いよね」って意味で自慢したいなって思った。Zeppのステージに立つりょっくんを見て 武道館も希望持てるなって思ったし絶対叶えて欲しい。そしてそれに私も行きたいって夢が出来ました。

 

 

 

そんなふうにして アンコール で。まさかの。ヨワムシのウタ。これもね始まる前に聞きたいって話してたの。Zeppの弾き語りで歌うにふさわしいと思ったから。「痛くて 痛くて どうしようもなくて 愛しくて 愛しくて 涙が出たんだ」の時の照明が綺麗で 本当に素敵で 歌詞と合ってて 静かにただひたすら涙が溢れてきた、、 「 いつまでも いつまでも 君と抱き合って いたい でも苦しくて 苦しくて どうしようもなくて 好きだって 好きだって 歌を歌ったんだ」が共感出来すぎてこの部分本当に好きなんだよな気づいたら泣いてしまう。アンコールでまさか聞けると思ってなかったから放心状態になって終わった瞬間もう魂出てしまったよ圧倒された。

 

 

Zeppに立つ瞬間を観れて光栄でした。 好きになって良かった。知れてよかった。ライブ来れてよかった。ひたすらそう思いました。幸せでした。またりょっくんのライブ行きたいな~としみじみ思いました。本当に素敵なライブをありがとう。またライブ行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みいきち